鉄道関連電気工事

事業案内:JR鉄道電気

JR鉄道電気の現場を熟知しています。 高い専門性が求められる鉄道関連工事。

1980(昭和55)年、国鉄神戸地区での電灯部門の保守・検修に始まり、以来JR西日本各駅の新築・リニューアルに伴う電気設備工事や新幹線線路周辺の電気設備の保守・管理などを行っています。一般電気工事とは異なり、高い専門性が求められる現場での実績を重ね、お客様からの信頼を確立してきました。

施工担当範囲

当社が行っている電灯工事は在来線においては、東海道本線立花駅から西明石駅を、新幹線においては新神戸駅から西明石駅を担当しています。 施工担当範囲

JR鉄道電気工事の施工事例
  • 東海道線震災に伴う電気設備復旧工事
  • 新幹線新神戸駅リニューアルに伴う電気設備工事
  • 芦屋・摂津本山間新駅電気設備新設工事(甲南山手駅)
  • 西宮・芦屋間新駅電気設備新設工事(さくら夙川駅)
  • 灘駅電気設備新設工事
  • 摂津本山駅橋上化電気設備新設工事
  • 三ノ宮駅リニューアルに伴う電力工事
JR鉄道関連電気工事の施工事例をもっと見る
ページの先頭へ戻る